農業生産法人 バンケイネイチャーズ
〜 農福連携 障がい者就労支援 〜
自然栽培野菜、農薬、肥料、除草剤を使用しない自然栽培は太陽と土と水だけで作物を育てます。 
全く人の手を借りずに育つ山菜の様な環境を畑に作る事を目指しています。

株式会社盤渓ネイチャーズ 主宰:高木 晃 Akira Takagi
株式会社盤渓ネイチャーズ 主宰:高木 晃 Akira Takagi|農業コーディネート(自然栽培野菜の育成指導)
バンケイネイチャーズの自然栽培野菜

農業は「苗半作」と言い、苗作りが収穫の半分を決めると言われるほど重要な作業ですが、そのための育苗土作りをしています。

畑の土に米糠を混ぜ水を加え電熱線で温め、土を発酵させます。

現代の農業でこのような育苗土作りをしているところはまずないと言っていいでしょう。農薬、肥料を使わない自然栽培ではこのような昔ながらの農法が最も効果を表す作業の一つです。

大変地味で労力を必要とする作業ですが、このおかげで立派な苗が育ちます。

3月から種からの育苗作業のために欠かせない作業の一つです。

 

(白く見えるのが米糠のカビです)


 自然栽培の野菜作りは山菜をイメージするとわかりやすい。 山菜は山の中で誰にも世話にならずに雨土の恵みによって虫や微生物や様々な循環と共存している。 独特なえぐみや匂いは農薬や肥料を使って栽培された山菜にはない。

 

自然の中の植物は決して腐ることなく枯れていく、農薬が使われた野菜は枯れることなく腐る。一般的に売られている慣行栽培の野菜は大きく育ち見た目も良く収量も多い。

しかし農薬や肥料を多量に吸い込むことによって野菜本来の栄養価や味わいが失せているのは否めない。

自然栽培の野菜は本来の個性豊かな滋味深い味わいが凝縮している。

この味わいを多くの方に知って頂きたいと思う。

 


O.tone(オトン)117号に特集(食用ほおずき)していただきました!

夢があるんです。
自然栽培の食用ほおずきを、
札幌の名物に育てたい。
 
おいしいはしあわせ
高木 晃(たかぎ あきら)

1959(昭和34)年、札幌生まれ、同市在住。

東京コンセルヴェトアール尚美を卒業後、 25歳から26年間ニューヨークで暮らし、2010 年に故郷の札幌へ。

自然栽培の農業を事業 の中核に据え、飲食・物販店(Cafe&Shop Seed))経営、農福連携・障がい者就労継続 支援事業(株式会社Seed)などを行う。

札幌 市西区小別沢の圃場に加え、今年新たに当 別町に農地を取得し、自然栽培農業の拡充を 進めている。

 

株式会社Seed(盤渓ネイチャーズ)の野菜はすべてが無農薬・無肥料・露地栽培に加えて農福連携による産品。

なかでもいちばん思いを込めている作物が食用ほおずきだ。

小粒・中粒・大粒のタイ プがあり、7月下旬から10月下旬に収穫される。

<以上 O.tone掲載から引用>

掲載誌:O.tone(オトン)|アルタ出版

http://www.alter.co.jp/otone.html



農からはじまる地球ルネサンス 自然栽培 <Vol.10 2017 Spring 春号>に掲載されました。

<特集>北海道の自然栽培

「いまや人生最大の喜びになった自然栽培」髙木 晃(たかぎあきら)

掲載1ページ目 ↑ 画像をクリックすると拡大します ↑
掲載1ページ目 ↑ 画像をクリックすると拡大します ↑
掲載2ページ目 ↑ 画像をクリックすると拡大します ↑
掲載2ページ目 ↑ 画像をクリックすると拡大します ↑
掲載3ページ目 ↑ 画像をクリックすると拡大します ↑
掲載3ページ目 ↑ 画像をクリックすると拡大します ↑
農業ルネサンス「自然栽培」表紙
農業ルネサンス「自然栽培」表紙


<主な取引先>

グランビスタホテル&リゾート(札幌グランドホテル、札幌パークホテル、銀座グランドホテル)

フェリシモ

マイステイズプレミア札幌パーク

札幌三越

ハミングバード(自然食品インターネットサイト)

マカリーズ(自然食品店)

らる畑(自然食品店)


農業の世界に入り5年目で念願の自分の畑(7ヘクタール)を持つことが出来た。
札幌市から50分ほどの当別町高岡。


 
北海道と命名されて今年で150年になる中、想えば開拓者が移住してゼロからの開墾は機械もなく農耕馬と人力で作業するしかなかったのだから想像を遥かに超える大変なものであっただろう。



そんな人生の大先輩が残してくれた畑を59歳にして持つことが出来た。人生の最後の仕事として農業を選びバックミラーのない車に乗るが如く後ろを振り向いている暇など今もないのだがこの畑で満足している訳ではない。


自然栽培と言う野菜作りを農業と福祉の連携でさらに広めたいと思っている。
自然栽培を目指す就労支援事業所や新規就農希望者を向かい入れる用意はいつでもできているので自薦他薦構わず連絡して欲しい。

 


食品や農業、健康を取り巻く環境は悪循環の渦に飲み込まれ、そう簡単には抜け出せない状態のように見える。そんな中、農薬や肥料を使わない自然の恵みだけで育った滋味深く個性豊かな味わいの野菜を多くの人に届けてゆきたいと思っている。
 
<高木晃 Facebookから抜粋>
https://www.facebook.com/atakagi4u

農業生産法人 株式会社 盤渓ネイチャーズ
〜 農福連携 障がい者就労支援 〜
農園事業、飲食事業(カフェ運営)、就労継続支援事業
北海道札幌市中央区南1条西20丁目1-3 MKビル1F 
TEL 011-624-7574 FAX 011-624-7582

農業生産法人 バンケイネイチャーズ:農園事業 農福連携 障がい者就労支援

農業のお問合せ:011-624-7574


ご質問、お問い合わせは、TEL:011-624-7574 まで御連絡ください。

Mail atakagi@bankeinatures.com