バンケイネイチャーズ
自然栽培野菜、農薬、肥料、除草剤を使用しない自然栽培は太陽と土と水だけで作物を育てます。 
全く人の手を借りずに育つ山菜の様な環境を畑に作る事を目指しています。
株式会社盤渓ネイチャーズ 主宰:高木 晃 Akira Takagi
株式会社盤渓ネイチャーズ 主宰:高木 晃 Akira Takagi|農業コーディネート(自然栽培野菜の育成指導)
バンケイネイチャーズの自然栽培野菜

農業は「苗半作」と言い、苗作りが収穫の半分を決めると言われるほど重要な作業ですが、そのための育苗土作りをしています。

畑の土に米糠を混ぜ水を加え電熱線で温め、土を発酵させます。

現代の農業でこのような育苗土作りをしているところはまずないと言っていいでしょう。農薬、肥料を使わない自然栽培ではこのような昔ながらの農法が最も効果を表す作業の一つです。

大変地味で労力を必要とする作業ですが、このおかげで立派な苗が育ちます。

3月から種からの育苗作業のために欠かせない作業の一つです。

 

(白く見えるのが米糠のカビです)


 自然栽培の野菜作りは山菜をイメージするとわかりやすい。 山菜は山の中で誰にも世話にならずに雨土の恵みによって虫や微生物や様々な循環と共存している。 独特なえぐみや匂いは農薬や肥料を使って栽培された山菜にはない。

 

自然の中の植物は決して腐ることなく枯れていく、農薬が使われた野菜は枯れることなく腐る。一般的に売られている慣行栽培の野菜は大きく育ち見た目も良く収量も多い。

しかし農薬や肥料を多量に吸い込むことによって野菜本来の栄養価や味わいが失せているのは否めない。

自然栽培の野菜は本来の個性豊かな滋味深い味わいが凝縮している。

この味わいを多くの方に知って頂きたいと思う。

 


農からはじまる地球ルネサンス 自然栽培 <Vol.10 2017 Spring 春号>に掲載されました。

<特集>北海道の自然栽培

「いまや人生最大の喜びになった自然栽培」髙木 晃(たかぎあきら)

掲載1ページ目 ↑ 画像をクリックすると拡大します ↑
掲載1ページ目 ↑ 画像をクリックすると拡大します ↑
掲載2ページ目 ↑ 画像をクリックすると拡大します ↑
掲載2ページ目 ↑ 画像をクリックすると拡大します ↑
掲載3ページ目 ↑ 画像をクリックすると拡大します ↑
掲載3ページ目 ↑ 画像をクリックすると拡大します ↑
農業ルネサンス「自然栽培」表紙
農業ルネサンス「自然栽培」表紙


<主な取引先>

グランビスタホテル&リゾート(札幌グランドホテル、札幌パークホテル、銀座グランドホテル)

フェリシモ

マイステイズプレミア札幌パーク

札幌三越

ハミングバード(自然食品インターネットサイト)

マカリーズ(自然食品店)

らる畑(自然食品店)


株式会社 盤渓ネイチャーズ 
農園事業、飲食事業(カフェ運営)、就労継続支援事業
北海道札幌市中央区南1条西20丁目1-3 MKビル1F 
TEL 011-624-7574 FAX 011-624-7582

株式会社盤渓ネイチャーズ事業:農園事業、飲食事業(カフェ運営)、菓子工房(まち粉)

農業のお問合せ:011-624-7574

Cafe&Shop Seed及びまち粉のお問合せ:080-5835-2616


ボヌールマルシェではギリシャ産オリーブオイルや天然塩、蜂蜜を取り扱っています

ご質問、お問い合わせは、TEL:011-624-7574 まで御連絡ください。

Mail atakagi@bankeinatures.com